転出届

転出届に関する画像

引越しをしてから住民票を引越し先に移す必要な手続きです。
私たちが受ける国からのサービスは市区町村を通して行われるので、
普通は住民票を移します。

 

単身赴任や大学に行くのに下宿する場合住民票を移さない方も多いですが、
長い期間不在の場合には住民票を取り消されることもあるので注意です。

 

居住地を移動させる場合には、現住所の市区町村で『転出証明書』を受け取り、引越し先の市区町村に提出します。住民票の記入は市区町村の方で行ってもらえるので、個人の方は『転出届』と『転入届』を提出すれば大丈夫です。

 

★届出期限
転出届は引越しの14日前から引越し後14日以内にする必要があります。
転出届は引越し先の市区町村の役所に、引越しの14日前から提出することも可能です。
(市区町村によって多少の違いがあるので事前に確認だけはしておいてください)

 

★届出者
引越しする本人、世帯の場合は代表はまたは世帯主が提出します。
また、委任状がある場合には、代理人が提出することも可能です。

 

転勤で家族全員が引越しをする場合、代表者として奥さんが提出することができます。
単身赴任者の場合、家族とともに住民票を残して引っ越し前の市区町村でサービスを受けることもOKです。

 

この場合、転出届を提出する必要はなく、一人だけ住民票を移すと、
世帯分けが必要なので少し面倒臭いので住民票は移さなくて良いと思います。

 

 

 

転出届関連ページ

転居届
ひっこしの際の転入届をしっかりと対応しておきましょう。家を引っ越す際にとても重要な届出になるので今のうちにしっかりとやりましょう!
転入届の変更
ひっこしをした後に転入届の変更をしなければいけません。昔の地域から新しい地域に転入してきた際にはしっかりとやりましょう。
転校に必要な手続き!
転校に必要な手続きをしっかりとしておきましょう。転校先の学校に聞くことで簡単にできるのでしっかりとやりましょう。
運転免許証の変更の手続き
ひっこし際に重要な手続きとして運転免許証の変更の手続きがあります。しっかりと変更しておかないと後々困るのですぐにやっておきましょう!