転入届の変更

ひっこし転入届に関する画像

春になり、進学・就職で新しい場所でのスタートが始まります。

 

しかし、スタートを切る前に役所で転入届の手続きをしてください!
スタート前から失敗しないように転入のポイントを参考にしてください。

 

まず、転入日から14日以内に手続きをしてください。
14日を超えると5万円以下の罰金をとられてしまうことがあります。

 

居住前に転入届は提出することはできないので要注意です!

 

提出は基本的に本人ですが、仕事の都合や病気などで役所にいけない場合は
委任状さえあれば転入届は代理人が提出してもOKです。

 

超特例として多摩川から横浜に移動したあごひげアザラシのタマちゃんは、
14日以上で転入届が提出でも代理人が保育園の子供たちでもおとがめなしどころか大歓迎です(笑)。

 

また、必要なものとして免許やパスポートといった写真入りの本人であることが証明できるもの
と転出証明書はどこの市区町村でも必ず必要なので忘れないようにしましょう。

 

また、海外から転入した人が戸籍謄本やパスポートが必要になるように人によって必要な書類等が増えるので、
市区町村のホームページをみて二度手間にならないよう確かめてから役所で手続きをしましょう!

 

 

転入届の変更関連ページ

転出届
転出届は引っ越しをする前に必ず必要になるものなので当サイトを利用してしっかりと準備しておきましょう!
転居届
ひっこしの際の転入届をしっかりと対応しておきましょう。家を引っ越す際にとても重要な届出になるので今のうちにしっかりとやりましょう!
転校に必要な手続き!
転校に必要な手続きをしっかりとしておきましょう。転校先の学校に聞くことで簡単にできるのでしっかりとやりましょう。
運転免許証の変更の手続き
ひっこし際に重要な手続きとして運転免許証の変更の手続きがあります。しっかりと変更しておかないと後々困るのですぐにやっておきましょう!