ひっこしの際に転校に必要な手続き!

ひっこし,転校に必要な手続きに関する画像

引越しの手続きには転出届や転入届、郵便物の転送に
公共料金の住所変更といったものがあります。

 

また、お子さんのいる家庭での引越しでは転校手続きも必要になるので、
転校手続きも引越しの際に忘れずに気を付けましょう!

 

同じ市区町村内での転校なのか市区町村外なのか条件によって
転校手続きが変わるので、一般的な流れを紹介していきます。

 

まず、引越しをする前に余裕をもってお子さんの学校へ行き転校の連絡をいれ、
手続きをお願いして転校確認書を発行してもらいます。

 

発行してもらった転校確認書を役所へ提出し転出学通知書を発行してもらいます。

 

発行してもらった転出学通知書を通っている学校に提出して、
教科書給与証明書、在学証明書を発行してもらい受け取ります。

 

引越し後転入先の役所で転入学通知書を発行後、さきほどの教科書給与証明書と
在学証明書も一緒に転校先の学校に提出してしまえば転校手続きは完成です。

 

ここに挙げたのは一般的な手順です。

 

詳細は各市区町村のホームページに説明されているので不備なく転校手続きを完成させましょう!

 

転校に必要な手続き!関連ページ

転出届
転出届は引っ越しをする前に必ず必要になるものなので当サイトを利用してしっかりと準備しておきましょう!
転居届
ひっこしの際の転入届をしっかりと対応しておきましょう。家を引っ越す際にとても重要な届出になるので今のうちにしっかりとやりましょう!
転入届の変更
ひっこしをした後に転入届の変更をしなければいけません。昔の地域から新しい地域に転入してきた際にはしっかりとやりましょう。
運転免許証の変更の手続き
ひっこし際に重要な手続きとして運転免許証の変更の手続きがあります。しっかりと変更しておかないと後々困るのですぐにやっておきましょう!