ペットの引越しの注意点!料金や運送方法のメリット・デメリット

 

ペットの引っ越しの注意点に関して詳しく説明している画像

 

1.ペットの引っ越しの注意点

 

1-1.ペットの引越しはマイカーがベスト

 

 

ペットも引っ越し先に連れて行くときにはマイカーがベストです。

 

移動距離にもよりますが、飼い主もいない状態で運ばれると動物は非常に不安を抱えますし、ストレスの原因になり体調不良や夜鳴きなど今までなかったような症状が出るケースも実際にはあります。

 

マイカーでの移動であれば、慣れしたんだ飼い主さんと一緒に移動ができるのでストレスもほとんどかからずにペットも不安にならずに安心して引っ越し先に行くことができます。

 

動物は環境の変化に敏感なのでできればマイカー移動が良いんです!

 

 

1-2.ペットの専門の引越し業者も利用可能

 

 

ペット引越し業者に入り来して引越しすることも可能です。

 

大型犬などでマイカーや電車などで移動ができないことも実際にはあります。しかし、一般の引っ越し業者では基本的に生き物の輸送はお断りしている場合が多く、ノウハウがない業者では逆にペットに不安を与えてストレスを与えてトラブルになるケースが非常に多いため断っているケースが多いです。

 

そのため、ペットの輸送に関しては専門の輸送業者にお願いする必要があります!

 

 

1-3.ペット輸送の際の料金・費用

 

 

ペットを輸送する業者の平均料金を見てみると、

 

  25kg以上 6〜25s 6kg以下 小動物(鳥など)
東京〜名古屋 4万円〜7万円 3万円〜6万円 3万円〜6万円 1.5万円〜3万円
東京〜大阪 4.5万円〜9万円 3.5万円〜9万円 3.5万円〜9万円 2万円〜4万円
東京〜福岡 6万円〜10万円 5万円〜8万円 5万円〜8万円 2万円〜4万円
東京〜北海道 6万円〜10万円 5万円〜8万円 5万円〜8万円 2万円〜4万円

 

ペット輸送の会社の料金体系では、

 

・乗り換えなしの直送便で輸送するのか
・トラックで運送するのか
・飛行機とトラックを併用するのか

 

で料金は大きく変わってきます。

 

 

2.運送方法はペットのストレスなどを考えて選ぶ

 

運送方法はペットのストレスなどを考えて選ぶに関して詳しく説明している画像

 

2-1.運送方法によってペットはすごいストレスがかかります

 

 

運送方法はペットのストレスなどしっかりと考えて選びましょう。

 

ペットの運送方法は安いだけで決めてしまうとペットにかなりのストレスを与えてしまう危険性があるので、ペットに負担のかからない方法を選んで決めるのが今後のペットとの暮らしなどを考えてもとても重要です。

 

隣の県位の1時間2時間程度の移動であればどのような運送の方法でも基本的には大丈夫なので、5時間も6時間もかかってしまうような移動をするときには運送方法には注意必要です。

 

運送方法でペットのストレスや不安は全然変わってきます!

 

 

2-2.運送方法のメリット・デメリット

 

 

運送方法にもメリット・デメリットが存在しています。

 

  負担 メリット デメリット
直送便

・目的地まで乗り換えなし
・ドライバーと同じ環境
・途中で散歩などもする
・飼い主も同乗可能
・料金が高い
トラック+飛行機

・移動時間が比較的短い
・料金が安い
・飛行機の待ち時間が長い
・音がペットのストレスに
・死亡事故もあり
・気圧の変化で体調不良に
トラック

・料金が安い ・一般の貨物扱い
・ペットの拘束時間が長い
・空調がない

 

業者に依頼する場合おすすめは直送便でお願いすることです!

 

直送便では他の運送方法に比べて料金は倍近くかかってしまうのですが、ストレスで行動がおかしくなってしまったり、長時間不安で震えたりしてしまうペットの気持ちを考えると料金はかかってしまっても一番ストレスがかからない方法を選ぶのが良いんです。

 

 

3.引っ越し後のペットの注意点

 

引っ越し後のペットの注意点に関して詳しく説明している画像

 

3-1.引っ越し後のペットはかなりのストレスを抱えている

 

 

引っ越し後のペットはかなりのストレスを抱えている状態です。

 

どのような運送方法であっても、長時間の移動はペットにとってかなりのストレスですし、体力的にもかなり消耗している状態になっているので基本的には『動物の好きなようにそっと』しておきましょう。

 

食べ物・水分などはしっかりととって散歩も短い時間させてストレス状態を少しでも和らがせて、後は動物の好きなようにさせておくのが一番効果的です。体調不良がある可能性もあるので転居先の獣医さんは確認しておきましょう。

 

ペットの好きなようにさせるのがストレスを緩和させるためのポイントです!

 

 

3-2.転居後には今までと違った行動も

 

 

環境が変わると動物に変化が起きる可能性が大きいです。

 

引越しをして環境が変わってしまうと、

 

・無駄吠えをするようになった
・家財をひっかくようになってしまった
・問題行動を起こすようになった

 

など、環境が変わり不安になってしまっているために問題行動を起こしてしまう動物も少なからずいます。そのようなときには今までのようなしつけでうまくいかずに問題行動が治まらないケースももちろんあります。

 

そのような時には、素人判断でいろいろやったとしてもうまくいかないことが多いので、しつけの専門家などに相談をするというのがすごくお勧めです。

 

引越しは動物にとってすごい不安とストレスを与えるというのは知っておいてください!